2016年2月アーカイブ

流行している病気と欠席状況  2016.2.26

今週の欠席状況は1日平均9人のお休みがありました。(出席停止3名含む)

主な欠席理由は、発熱(37.5度から38度。または38度以上)、咳、嘔吐でした。

また、今週に入り、インフルエンザAに罹った子は3名いました。

感染性胃腸炎1名でした。

登園している子は元気に遊んでいますが、咳や鼻水・便がゆるいといった症状の子も多いです。

園内では、うがい・手洗い・換気・水分補強に心がけて感染を広がらないようにしているところです。

ご家庭でも、朝の体温チェック、いつもと様子が違うときは無理をせずに、おうちで様子を見てください。

また、花粉の舞う時期に入ります。PM2.5や黄砂の状況も併せて情報を入れていきたいと思います。

*中部地区では、インフルエンザ・プール熱・溶連菌・リンゴ病の警報発令中です。

(2/15~2/21   鳥取県感染症流行情報より)

流行している病気と欠席状況 2016.2.19

今週のお休みは3~9人/日でした。

今週は腹部症状(腹痛・下痢)でお休みの子が多かったです。

また、今週の保健室利用は発熱38度以上の子が早退しています。

先日2/18にインフルエンザA型に罹った子がいます。

園内でも咳や鼻水の子が増えています。

週末は寒さが戻ってきそうです。お出かけの際は、人ごみを避けるなど、体調管理に留意ください。

現在、中部地区ではプール熱・リンゴ病・溶連菌の警報継続中です。

(鳥取県感染症流行情報より  2/8~2/14)

 

 

流行している病気と欠席状況  2016.2.12

今週のお休みは7名/日でした。

発熱や嘔吐などの腹部症状でのお休みが多くいました。

園内でも咳や鼻水・小さなクラスになると軟便気味の子も多いです。

咳などが長く続いている場合は、熱がなくても受診をお勧めします。

今週の保健室は、発熱で早退した子は2名でした。

体温表を毎朝つけていただいていますが、熱だけでなく、朝ごはんの食べ具合や、機嫌などの

様子も見ながら、朝の送り出しをしてあげてください。

*中部地区では、警報発令中の疾患はプール熱・リンゴ病・溶連菌です。

マイコプラズマ肺炎が流行しています。

( 鳥取県感染症流行情報より  2/1~2/7 )

 

 

流行している病気と欠席状況  2016.2.5

今週のお休みは5~8名でした。

発熱37.5~38.0度、咳・様子観察でお休みの子がいました。

また、園内でも溶連菌感染症に罹った子もいました。

インフルエンザに罹った子が現在いませんが、週末寒くなるようです。

家庭内でも、うがい・手洗いに心掛け、お出かけも人ごみはできるだけ避けて過ごしましょう。

*中部地区では、プール熱・リンゴ病・溶連菌の警報発令継続中です。

また、マイコプラズマ肺炎は流行しつつあります。長引く咳には、ご注意ください。

流行している病気と欠席理由 2016.2.5

| トラックバック(0)