2018年4月アーカイブ

園内の感染症状況  2018.4.27

現在の感染症状況は、嘔吐・下痢症状の子が増えています。

また、日中の保育中での体調不良症状も、発熱(38℃以上)、下痢・嘔吐症状です。

保護者の方には連絡し、お迎えをお願いしています。

また、お家での様子をみていただき、38℃以上の場合は、次の日下がっても1日様子をみ

ていただくようにお願いしています。

園内の内服管理も、溶連菌の内服の子が多くいましたが、現在は少なくなりました。

まだまだ、溶連菌感染も終息していませんので、急な発熱・のどの痛みなどの症状が出た場

合は受診をお願いします。

連休も始まります。疲れも出始める時ですので、体調管理に留意ください。

園内の感染症状況 2018.4.24

今週に入り、発熱・嘔吐・下痢の症状でお休みしている子が増えてきました。

嘔吐・下痢に関連した感染症の報告はありませんが、先週から広がっています溶連菌に

よって、お腹を悪さする症状もありますので、今一度体調管理に留意ください。

現在、溶連菌感染症の報告はありません。

園内の感染症状況 2018.4.18

新入園児を迎えて、1学期がスタートしました。

園内では、現在、溶連菌感染症でお休みしている子が増えてきました。

のどの痛み、高熱などの症状が主ですが、中には口が痛いと言ってくる子どももいました。

回復後にも内服治療がしばらく続きます。

保育時間中に内服が必要なお子さまは必要な書類を添えて提出してください。。

なお、内服に関しては、出来るだけお家での服用をお願いします。

園内の感染症状況 2018.4.

| トラックバック(0)