2018年6月アーカイブ

園内の感染症状況  2018.6.29

現在、嘔吐下痢症状のお休みが増えてきています。

発熱はないが、軟便や下痢が続いている子がいます。

また、そのような容態で登園しているお子さんもいます。

下痢の場合は、普段の便の状態になるまではお家のほうで様子をみてあげてください。

また、この時期、食欲がなくなる子もいます。

暑さのためもありますが、疲れや体調が回復していない場合もありますので、

お家のほうでしっかり食べられるようになるまで、お家のほうで様子をみてあげて下さい。

夏の暑さを乗り越えるために、今の時期に体調管理をお願いします。

 

園内の感染症状況 2018.6.21

現在、園内の感染症は、咽頭結膜熱(プール熱)もも組1名です。

主に、発熱、のどの痛み、目の充血の症状です。

よだれが多く出ていたり、食欲が急になくなったりといった症状もでてきますので、

お子様の様子をみて、体調管理をしてください。

また、腹部症状(嘔吐・便がゆるい)でお休み子もいます。

 

園内の感染症状況 2018.6.15

現在、園内の感染症報告は、溶連菌感染症でした。

発熱はないが、のどが痛くて受診して、診断されるケースもありました。

梅雨時期でじめじめしたり、肌寒いこともあり、

衣服調節も難しいと思います。また、プールも始まります。

朝のプールカードにお子様の状態も記入して、今一度体調管理に留意してください。

園内の感染症状況 2018.6.6

今週にはいり、溶連菌感染症でお休みしている子がいます。

広がりはありませんが、高熱、のどの痛みなどの症状が出てきます。

また、嘔吐症状でお休みしている子もいます。

体調管理の難しくなる時期でもありますので、朝の様子などを見て、体調がすぐれない場合は、お家でゆっくりお過ごしください。

昨年のこの時期は手足口病も流行しました。

よだれなどが多い未満児クラスは、環境整備にも留意していきたいと思います。